instagram
ホームOPP袋のオーダーメイド

別注オーダーメイド

OPP袋、OPPシートの受注生産(オーダーメイド)も1,000枚から生産承ります。

#30、#40だけでなく、#50も1,000枚から受注生産承ります。

(#というのは厚みを表します。#30が最も一般的な厚みで、30ミクロンを意味します。
厚みが厚くなるほど、価格が高くなります)

1000枚から生産できるのは弊社だけ!

問い合わせはこちらから

自動見積りはコチラから

オプション加工
オプション加工画像1

透明部分・片面白部分に印刷可能

会社名やロゴなどをOPP袋へ印刷することも可能です。
文字の印刷以外に会社ロゴなどのデータをご用意していただく必要がございます。
お気軽にお問合せください。 ⇒

オプション加工画像2

破れにくいCPP袋

OPP袋に比べて透明度は低いですが、引き裂きに強く破れにくいです。
業界初!CPP#30、#40も1000枚から対応しております。

オプション加工画像3

ヘッダー付加工

1,000枚から対応可能です。
フック穴のついたヘッダー付加工も賜っております。
規格はφ8mmですが穴のサイズは変更できます、ご相談下さい。
ヘッダーはパール(白)・透明よりお選びいただけます。

オプション加工画像4

空気穴加工

OPP袋にパンチ穴を開けることにより、中にたまった空気を逃がすことができ、封入作業の効率が上がります。また商品の膨らみが抑えられるので、商品を積み上げた際に荷崩れしにくくなります。

オプション加工画像5

本体側テープ加工

テープをフタの部分に付けるのではなく、胴体の部分に付けることにより、テープに絡まらないため商品の出し入れなどの作業がスムーズに行えます。

オプション加工画像6

フレームシール加工

通常のOPP袋よりサイドを強化したもので、服を入れたり、パンフレットなど封入物による横からの裂けを防ぐなど強度が必要な場面におすすめです。

オプション加工画像7

カンガルー袋

通常の袋(サイドシール加工)の前面に「ポケット」を付ける事で名刺やメッセージを別に入れる事ができます。
袋のヨコサイズは変えられませんが、高さ(タテ)はお好みサイズを選べます

オプション加工画像8

大量ロットにも対応

弊社のOPP袋生産能力は1日10万枚以上です。大ロットにも対応できますので、お気軽にご相談ください。

問い合わせはこちらから

フレームシール・サイドシールの計算方法

別注品
原反1本全部使ったときの出来上がり枚数の計算の仕方
原反1本( 2,000m ⇒ 2,000,000mm )

サイドシール加工

2,000,000 ÷ ご希望サイズの袋のヨコ(mm) × 0.97 = 出来上がる枚数
製袋ロスが3%程度ございます。

例えば、#30(厚さ30ミクロン)でヨコ200mm × タテ350mmのサイドシール加工の袋が必要とします。
2,000,000 ÷ 200 × 0.97 = 9700
となり、約9700枚の袋が出来上がることになります。

参考)
最小サイズ ヨコ40mm - タテ80mm
最大サイズ ヨコ590mm - タテ550mm

フレームシール加工

2,000,000 ÷ ご希望サイズの袋のタテ(mm) × 0.97 = 出来上がる枚数
製袋ロスが3%程度ございます。

例えば、#30(厚さ30ミクロン)でヨコ400mm×タテ500mmのフレームシール加工の袋が必要とします。
2,000,000÷500×0.97=3880
となり、約3880枚の袋が出来上がることになります。

参考)
最大サイズ ヨコ530mm-タテ1200mm
厚さ #30 #40 #50のみ