instagram

誰でもわかる!OPPとCPPの違い

名前も見た目も、一見わかりづらい『OPP袋』と『CPP袋』2つの透明袋の素材。
特徴や、2つの違いを分かりやすくご紹介します♪

OPP袋とCPP袋の違い

■ OPP(オーピーピー)袋って?

OPP袋

パリパリとしており、透明度が高く高級感があります。

OPP(オーピーピー) OPPはサイド部分の引き裂きには弱いです。

軽量のパンフレット、ダイレクトメールを入れる透明封筒として代表的な材質です。
物を入れる際、両サイドが裂けやすいのでご注意ください。

■ CPP(シーピーピー)袋って?

CPP袋

CPPはOPPに比べ、両サイドが裂けにくくなっています。

CPP(シーピーピー) CPPはこんなに引っ張っても破れません。

袋として強度が有るため、カタログや商品の梱包作業をされるお客様にご利用頂いています。

CPPは低温に弱い

低温に弱いので、低温時に衝撃を加えると破れる恐れがあります。
寒冷地や氷点下でのご利用はご注意ください。

破れにくいCPP袋一覧はこちら

2種類の袋の質感や特徴をこちらの動画でもご覧いただけます。

※動画が再生されます。音量にご注意ください。

無料サンプルでも、お気軽に実際の質感をお確かめいただけます。