ゴミ袋とは

ごみを入れる袋の多くはポリエチレン(PE)製で、化学的には、ポリ袋と総称します。
ポリ袋の中でも、LDPE(LLPE、LLDPE)袋とHDPE袋の2つに分類されます。

1.LDPE袋(LLPE,LLDPE)袋

金魚すくいで使用するヌルっとした質感の袋です。

衝撃に強いゴミ袋です。

引っ張ると伸びるので、先が尖ったものや角張ったものに対して強度が高い為、厚手のゴミ袋に使われています。
汁の出るゴミ、生ごみ等に向いています。自動販売機横の空き缶のゴミ袋や、駅のゴミ袋などはこのタイプが多いです。
色は、透明、半透明(乳白)、黒、ブルーなどがあります。

2.HDPE(高密度ポリエチレン)袋 

PE袋の中では薄くて硬く伸びにくく、触るとシャカシャカ音のする袋がHDPE袋です。

半透明や乳白色で、鋭利なものを入れると裂けやすいですが、薄い分、コストダウンが可能です。

レジ袋もほとんどがこのHDPE袋です。
薄くて、安いので、ご家庭用のゴミ袋としてよく利用されています。
ただ、衝撃で破れやすいので、ご家庭によっては、更にもう一枚のゴミ袋に入れて2重にされる方も多いです。

用途に応じて賢く選びましょう!
ゴミ袋のご購入はこちら