OPPバッグとは:特長と用途

OPPバッグとは:特長と用途

OPPバッグは、Oriented Polypropylene(オリエンテッドポリプロピレン)フィルムを使用した袋です。ポリプロピレンは、非常に透明度が高く、強度と耐久性に優れたプラスチック素材であり、主に包装材料として広く使用されています。

OPPバッグの特徴

高い透明度

OPPフィルムは非常に透明で光沢があるため、中に入れた商品の見た目を美しく見せることができます。これにより、商品の魅力を引き立てる効果があります。

高い透明度イメージ

優れた強度と耐久性

OPPフィルムは、引っ張りや衝撃に対する強度が高く、破れにくいのが特徴です。そのため、包装材として非常に信頼性が高いです。

優れた強度と耐久性イメージ

防湿性

湿気を通しにくい性質があるため、湿気に弱い衣類などの包装にも適しています。

防湿性イメージ

加工のしやすさ

OPPフィルムは加工しやすく、様々な形状やサイズのバッグにすることができます。また、印刷適正も高いため、ブランドロゴやデザインを施すことができます。

加工のしやすさイメージ

OPPバッグの用途

食品包装

透明度が高く防湿性があるため、食品の包装に広く使用されています。お菓子や野菜、果物などの包装に最適です。

食品包装イメージ

製品の保護と展示

強度が高く、商品の見た目を損なわないため、雑貨や化粧品、衣料品、書籍、CDやDVDなど、さまざまな包装に利用されます。特に、店舗での商品展示において、商品の魅力を引き立てるためによく使用されます。

製品の保護と展示イメージ

印刷・広告用

OPPフィルムは印刷適性が良いため、広告やプロモーション用のバッグとしても利用されています。カタログやパンフレットを入れる袋など、多様な用途に対応できます。

印刷・広告用イメージ

ギフト包装

高い透明度と美しい光沢により、ギフト用の包装にも人気があります。プレゼントの見栄えを良くし、贈り物を引き立てる効果があります。

ギフト包装イメージ

OPPバッグのデメリット
  • 引き裂きに弱く、ヒートシール部や切れ込み部分などから裂けやすい
  • 極度の低温、高温に対して、強度が落ちたり変形することがある

まとめ

OPPバッグは、その高い透明度と優れた強度、防湿性から、食品包装をはじめ、多様な製品の包装に幅広く使用されています。加工のしやすさや印刷適性の高さも相まって、広告やギフト包装など多岐にわたる用途に対応しています。環境面での配慮が必要ですが、適切に使用すれば非常に有用な包装材料です。


OPPバッグを選ぶならこちら