OPP(OPP袋)とは

正式名称はoriented polypropyleneと名前はややこしいですが、 OPP袋(オーピーピーフクロ)とか、 PP袋(ピーピーフクロ)と呼ばれています。ビニール袋と呼ぶ人もいますが、ビニール袋って、実は、殆どがポリ袋なんです。 ポリ袋には2種類あり、レジ袋で使われるシャカシャカしたものは、 HDPE(ハイデン)と呼ばれ、金魚すくいで使われるニュリュッっとしたものや、そういった質感のゴミ袋は、 LDPE(ローデン)と呼ばれています。一般的には、これらのことを ビニール袋と呼ぶ人が多いですね。

元のOPP袋の話に戻りますが、 OPP袋はパリッとした、透明度の高い袋です。100円ショップで、吊り下げ商品が入っている袋といえば、一番分かりやすいでしょうか? レターセットの入っているものも、OPP袋ですし、ダイレクトメールが入っている透明封筒もOPP袋なんです。

皆さん透明袋とか、ビニール封筒とか、フィルム封筒とか、透明封筒とか、いろんな名前で呼んでおられますが、正式名称は OPP袋ということで、よろしくお願いします。で、OPP袋の特徴なんですが、先ほど書きました通り、 透明度が高くて、パリっとしている反面、引き裂きの力には弱いというのが挙げられます。弱いといっても、レターセットや、アクセサリー、吊り下げ商品を入れる分には大丈夫なんですが、重たいダイレクトメール(DM)や、立体的な商品を入れていると、重みや衝撃でサイドの部分が裂けたりすることがあるんです。

OPP
(オーピーピー)
“パリッとした透明度の高いフィルム”
CPP
(シーピーピー)
“破れにくく強度に優れたフィルム”
透明度が高いです。
DMやチラシなどに最適です。
OPP袋に比べて サイド部分の強度が
高くなっており、引き裂きに強い
です。
OPP袋に比べ透明度は少し低くなります。

これを避けるため、 破れにくいCPP袋(シーピーピー袋)をご利用になるお客様も沢山いらっしゃいます。 CPPというのは、Cast ポリプロピレンの略なんですが、OPPのOと、CPPのCって、とっても見間違いやすいですね。目の悪い人が見たら同じに見えるじゃないか!と思ってしまいます。

実際この業界でもOPPとCPPの材料手配における誤発注というのは、よくある話で、 一体誰がこんなややこしい名前を付けたんだ!ユーザー目線に掛けるネーミングだなあと腹が立ちます。

しかし、そんな事をいっていても始まらないので、弊社の場合は OPPの後に、必ず“オーピーピー”と補記をしますし、 CPPの後にも必ず“シーピーピー”と補記します。またお客様へのご説明の際にはできるだけ “破れにくいCPP(シーピーピー)”と枕詞を付けて表現し、 お客様が混同されないよう気を付けております。繰り返しますが、本当に誰がこんな名前にしたんでしょうね?

この他、食パンを入れたり、クリーニングに出したらハンガーに袋のカバーが付けられて帰ってきますが、あれはIPPと呼ばれるものです。Iってなんだと思われると思いますが、IはインフレーションのIです。要するに、チューブ状のフィルムを生産し、それを短く切って、製品にしているのです。

これに対して、OPPやCPPはもともと フィルムのロールになっています。みんな同じポリプロピレンから生産されているのですが、 製造工程によって名前が変わってくるんです。

以上、OPP袋とはの豆知識でした。