激安OPP袋の通販

075-933-6588

営業時間 9:00~17:00
     (土日祝休み)

OPP袋のオーダーメイド、印刷もお任せください。

OPP袋のサイズ検索
instagram
ホームレコード用OPP袋
レコード用 レコード用OPP袋についてです。レコードを入れるOPP袋のサイズ選びについて説明しております。

レコード用OPP袋について

レコード用OPP袋の一覧と選び方についてご紹介します。紙ジャケットの大きさは個々で違うからこそ気を付ける点を詳しくお知らせします。

様々な種類があるレコードを、ジャケットごと美しく封入できるOPP袋。それぞれの盤と専用袋のサイズについてご紹介します。
レコードは、現在
1.LPレコード、2.SPレコード、3.EPレコード
の三種類が出回っています。もともとはSP盤(Standard Playing)が規格でしたが、長時間録音できるLPが主流となり、ドーナツ版とも呼ばれるEP(Extended Play)も人気を博しました。

1.LPレコード

一番よく見かけるLPレコード、いわゆる12インチ(300x300mm)のジャケットには、正式な規格サイズがありません。
と言うのも、現在オリジナルレコードを製作している会社や、一般販売されている紙スリーブで流通しているサイズが、会社によってもろもろ存在しており、公式な規格サイズと言う規定がないのが現状です。一般には、 310~315x310~315mm程度のジャケットがメインで流通していると思われます。

ジャケットの一般的なサイズは 310~315mm 程度

2.SPレコード

同じように、他のレコードも多少の誤差を含みますが、SP盤は10インチ(250x250mm)ジャケットは約260mm四方となっています。

SPレコードとジャケットのサイズ

3.EPレコード

EP盤は(174x174mm)ジャケットは約180mm四方の作りとなっています。

EPレコードとジャケットのサイズ

そして、昔収集したコレクションの保存用OPP袋を選ぶ場合は、特にサイズに注意が必要です。
レコードケースは、CD/DVD等のようなプラスチックケースではなく紙でできているため、元からの誤差に加えて経年劣化による誤差(特にタテ方向)が発生しやすいのです。また、商品によっては中に楽譜や写真等が入っている物厚みのあるものや、分厚いカバー付きのものも多く存在します。

何十年も前のLP実物を計測してみたところ、商品によって3~5mm程度厚みの違いを確認できました。
シングルでもダブルと遜色ない厚みのジャケットもあります。弊社のレコード用OPP袋は、誤差を想定して絶妙な余裕を持たせた仕様に仕上げましたので、汎用性がありますが、特に古い商品を封入される際には、サイズに個性が出るのをご理解のうえ、 封入する実物のサイズをしっかり計測の上、お選びいただく事をおすすめします。

弊社のレコード用OPP袋サイズはこちら

レコード用サイズ一覧

商品名 厚み
ミクロン
サイズ
ヨコxタテ+フタ(mm)
商品特徴アイコンの説明はココ 価格
(税別)
1,000枚
EPレコード用
(テープなし)
#40 190x195 3,050
SP(10インチ)レコード
用(テープなし)
#40 275x275 4,880
LPレコードシングル用
(テープなし)
#40 321x322 5,390
LPレコードダブル用
(テープなし)
#40 325x330 5,570
LPレコード用
(本体側テープ付)
#40 327x315+60 7,730