原反取り切りとは

OPPやCPPの原反とは、もともと、このようなロール状のものです。

ロール状の原反

この原反1本は、厚みにもよりますが、だいたい2,000m巻きとなっています。

#25(やや薄め) 4,000m巻き
#30(標準)   
#40(厚口)   
#50(特厚)   
#60(超特厚)
2,000m巻き
原反取り切りとは、この原反1本をまるごとご利用頂くという意味で、無駄なく利用できること
から、製品をお安くご提供できます。

※この原反○本単位で、ご注文頂くことを、“経済ロット“ともいいます。ずっと同じサイズの袋を使い続
けるお客様は、この経済ロットでご相談頂いた方が、お安くご提供できる場合があります。

ただし、この場合は、数量出来高払いとなり、出来上がった枚数分全てをお買取り頂く形となります。
だいたいの予想枚数は、事前にお伝えできますが、これより多くても、少なくても、ご了承頂く形となります。

お支払金額=単価×仕上がり枚数の合計金額 となります。
では、2000mの原反から、何枚の袋ができるでしょうか?

例えば、#30(標準の厚み)のA4サイズ(ヨコ225×タテ310+フタ40mm)の袋の場合、
計算式はこうなります。


2,000m ÷ 225mm(ヨコの長さ)× 98%(製造段階のロス率2%と仮定)=8,710枚

したがって、8,710枚前後の仕上がり予定となります。

袋の幅でカット
この場合225mm毎
225mm
2,000m

▲原反のロールから、1枚ずつ袋を作ります。袋のヨコの長さで、枚数が決まります。